1月例会レポート

新年あけましておめでとうございます。
2013年最初の例会は、特別ゲストとしてタレントの山内要さんに講演をしていただきました。

山内さんは18歳で上京し、萩本欽一・関根勤・キャイ~ンをはじめ多くのお笑いタレントを輩出した浅井企画で「びゅんびゅん」というコンビを組んで活躍しました。
のちに解散し30歳で熊本に帰郷しますが、夕方いちばんのオーディションを受けかめきち氏とともに見事合格。
その際、『家が近くなので、呼ばれたら3分で来ます!』とアピールしたところ、本当に呼ばれたため2分で現場入り。それが功を奏して合格したとの事です。

現在の仕事では年間200店舗ほどのお店を取材されるですが、その中で見えてきた事についてお話を頂きました。

『大切なことはセンス発想バランスニーズ

自分の仕事、自分のお店を客観視し、善し悪しを判断することが大事。
そして、お客様のクレームなど、聞きたくない意見も素直に聞くことが大事。

『ソフトとハード』

大事なのは、お金をかけずにソフト面を育てる事。
例えば、社長が一番に会社に来て誰よりも掃除をすれば、自然と社員や地域の方からの信用を得られる。

最後に芸人ならではのお話も頂きました。

『起(掴み)、承(中身)、結(オチ)。転は要らない』

いつも考えている。考えて考えて考えまくる。
そして本番では全てを忘れ、思い出した事を出す。
山内さんはこのように考えているとの事でした。

最後は質疑応答でギャラにまつわる話などシビアな部分まで率直に語って頂き、楽しくも有意義な1時間となりました。山内さん、今回は本当にありがとうございました。

皆様も、今年一年が有意義なものになるよう、頑張って行きましょう。